現代アートのルーツを探せ
芸術に触れてみる

シュルレアリスムを代表する人

シュルレアリスムは詩人から始まった芸術運動ですが、シュルレアリスムを代表する美術家の筆頭には「サルバドール・ダリ」がすぐあがります。スペインが生んだ天才・奇才のダリは数々の奇行と逸話でも知られています。そんなダリの人生はどのような人生だったのでしょうか?!

現代アートとはなんだ
ウェブサクッ!が格安 ホームページ作成選ばれるには理由がある。私達が対面でのお打ち合わせにこだわっています。エリアの1都4県内であれば、弊社のスタッフが直接お伺いいたします。

ダリの人生

1904年5月11日(明治37年)、スペインのカタルーニャ地方フィゲーラスで、裕福な公証人の息子として生まれましたた。ダリの母親も富裕な商家出身です。ダリには幼くして死んだ兄がいたこともあり、兄と同じ「サルバドール」という名前が付けられましたが、このことは少年だったダリに大きな心理的影響を与えることにもなりました。

ダリは少年時代から絵画に興味を持ち始め、画家ラモン・ピショット(ピカソの友人)から才能を認められました。1922年(18歳)にマドリードのサンフェルナンド美術学校に入学、フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(詩人)、ルイス・ブニュエル(映画監督)と知り合いになりました。

1925年(21歳)ダリが初めての個展をマドリードのダルマウ画廊で開きました。

1927年(23歳)ダリはパブロ・ピカソ、トリスタン・ツァラ、ポール・エリュアール、ルイ・アラゴン、アンドレ・ブルトンたち、シュルレアリスムの中心人物の人達とパリで面識を得ることになりました。

1828年(24歳)にブニュエルとシュルレアリスムの代表的映画『アンダルシアの犬』を共同制作しています。

1929年(25歳)詩人のポール・エリュアールが妻とともにカダケスのダリを訪れました。それは後にダリ夫人となるガラ・エリュアールとの出会いにもなりました。ダリとガラは強くお互い惹かれ合うことになり、1934年(30歳)に2人は結婚しています。

王立サン・フェルナンド美術アカデミーの学生時代の時は、印象派やキュビスムなどの影響も受けていました。やがてダリは、シュルレアリスムに自分の進む道を見出いだしていき、1929年(25歳)に正式にシュルレアリスト・グループに参加しています。ダリは1938年(34歳)にシュルレアリスト・グループから除名されることになりますが、ダリが除名された理由は、彼の「ファシスト的思想」が、グループの帝王アンドレ・ブルトンの逆鱗に触れたからです。

1939年(35歳)に、ブルトンはダリの作品が商業的になっていくのをからかって,Avida Dollars「ドルの亡者」というあだ名を彼にあたえています。(これはSalvador Dalíのアナグラムで,音声的にはフランス語avide à dallars「ドルをむさぼる」と同音)。しかしダリの人気は非常に高かったということもあり、グループを除名されたあともでも国際シュールレアリスム展などには必ず招待されています。

ダリは自分の制作方法を「偏執狂的批判的方法(Paranoiac Critic)」と称しています。その方法は、写実的描法を用いながら、多重イメージなどを駆使して夢のような風景画を描くという手法です。そしてヨハネス・フェルメール(オランダで活躍した画家)を高く評価して、著書の中でほかの画家を採点したことがありますがその際にフェルメールに最高点をつけています。フェルメールのことを高く評価しているエピソードで「アトリエで仕事をするフェルメールを10分でも観察できるならが、この右腕を切り落としてもいい」とまで述べていることもありました。

第二次世界大戦中には戦いを避けてアメリカ合衆国に移住していますが、1948年(54歳)にスペインに帰国してその後、ポルト・リガトに住まい定めて制作活動を行っていきました。第二次世界大戦後にはカトリックに帰依して、妻のガラを聖母に見立てた宗教画を連作しています。ダリにとって妻のガラはミューズであり、支配者であり、そしてマネージャーでもありました。

1982年(78歳)に妻のガラが死去すると、「自分の人生の舵を失った」と激しく落ち込み、ジローナのプボル城に引きこもっり翌年1983年5月を最後に、絵画制作をやめてしまいました。

1984年(80歳)に、寝室でおきた火事でダリはひどいやけどを負うことになり、フィゲラスへ移っています。

1989年(85歳)にフィゲラスのダリ劇場美術館に隣接するガラテアの塔で、ダリは心不全により亡くなりました。

アーティストになりたい方必見

ダリの主な作品

  • 1926年 (24歳)パン籠
  • 1929年 (25歳)大自慰者(El gran masturbador)
  • 1931年 (27歳)記憶の固執(柔らかい時計)(La persistència de la memòria)
  • 1930年 (28歳)不可視のライオン、馬、眠る女
  • 1933年 (31歳)ミレーの≪晩鐘≫の古代学的回想
  • 1936年 (34歳)燃えるキリン
  • 1936年 (34歳)茹でた隠元豆のある柔らかい構造(内乱の予感)
  • 1936年 (34歳)秋の人肉食
  • 1937年 (35歳)眠り(El somni)
  • 1937年 (35歳)ナルシスの変貌
  • 1938年 (36歳)果てしない謎 (L'enigme sense fi)
  • 1944年 (42歳)目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢
  • 1945年 (43歳)パン籠(恥辱よりは死を!)
  • 1947年 (45歳)ビキニの3つのスフィンクス
  • 1950年 (48歳)ポルト・リガトの聖母
  • 1964年 (62歳)蝶と葡萄の風景
  • 1969年 (65歳)チュッパチャプスの商品デザイン
  • 1972年 (68歳)ラ・トワール・ダリグラム(ファッションや革製品のデザイン画)
  • 1980年 (76歳)宇宙象(彫刻)
  • 1984年 (80歳)時間のプロフィール(彫刻)
左トップへ戻る ホームボタン画像 右トップへ戻る